バセドー病とは

バセドー病とは

バセドー病という病気があります。
これは甲状腺の表面で下垂体によって生産される甲状腺刺激ホルモン(TSH)のレセプター(甲状腺刺激ホルモン受容体、TSH受容体)が、あります。
このレセプターのための自己抗体(反TSH受容体抗体、TRAb)がバセドー病によって起こるので、そして、それはTSHのために代用で過度にTSH受容体を刺激します。
甲状腺ホルモンは必要とされるより生産されます。
甲状腺ホルモンが全身の代謝を上げているホルモンであるので、代謝が異常に活発になるので、このホルモンの異常な高値によって心身に対するいろいろな影響があります。
この自己抗体生産が引き起こされる原因は、2007年現在、知られていません。
そこで、意見はその過度のストレスです。
過重労働は始まり(再発)に参加します。
そのうえ、遺伝影響がある程度あると思われます。
そのうえ、大量にヨウ素の2、3の摂取量でローカル(西ヨーロッパ)ヨウ素を取り入れることによって、それは潜在的バセドー病で発達するかもしれません。
このヨードバセドウ病と呼びます。
この病気というのは甲状腺ホルモンが原因になっています。
この病気というのは非常に怖いものになっています。
なのできちんと病院に行くべきものになっています。

甲状腺ホルモンの病気

copyright(C)シンスロイド